Sublight

Sublight
Sublight
Sublight
Sublight
Sublight
Sublight
Sublight
Sublight
Sublight
Sublight
Sublight
Sublight

価格: ¥540


走りながらジャンプしたり避けたりといった動きが中心のカジュアルなオートランのゲーム。プレイを進めるほど増していくスピード感と、様々なギミックからなるステージの変化で躍動感のあるスリリングなプレイを楽しみつつ、己の最高スコアを叩き出せ!


※本ゲームは64ビットシステムのみ対応となっておりますので、ご購入の際には事前にシステム環境をご確認ください。

ゲームについて

本作は、走りながらジャンプしたり避けたりといった動作が中心の敵を追いかけるオートランゲームです。

3機あるHPが0になるまで走り続け、自分の最高スコアを叩き出しましょう。

「ジャンプ・スライディング・瞬間的な横移動」の3つのアクションでギミックを避けていきます。

敵への到達、アイテムの取得、走り続けることで溜まる経験値でレベルアップすると、ゲーム内のスピードが増し、ステージのギミックも変化します。

各ステージにそれぞれの世界観とシチュエーションが盛り込まれており、見た目の雰囲気の変化と躍動感のあるスリリングなプレイを楽しめます。

シンプルなゲーム性と、レベルアップによる難易度の変化とそれに応じたアクションの駆け引きが本作の面白さであり、

迫りくる厳しい状況を掻い潜りスタイリッシュに駆け抜けてください!

操作方法

コントローラーキーボード
方向キー ←→A D横移動
キーBEnter決定
キーASpaceジャンプ
キーX空中S急降下
方向キー↓地面Sスライディング
Rキー右スライド
Lキー左スライド

デベロッパーズボイス

アミューズメントメディア総合学院の産学共同ゲーム開発プロジェクト”Unreal Challenge”(アンリアルチャレンジ)にて開発されたゲームです。

初めてのエンジンを使ってゲームを制作するということで、使い方を学びながら同時に手探りで開発を進めていく苦労がありました。

進行が上手くいかない際も、多方面からの助言などをいただき何とか形にするまでに至り、 学生のうちに市販される商品を開発できたことはとても良い経験となったと思います。

UnrealEngine4を使用してみて強みだと感じた点は、 開発中でもチーム内でそれぞれの役職の垣根を取り払って「これがあったら面白いよね!」という案を皆で出しつつトライ&エラーを繰り返すことが出来たこと、 ゲーム内での表現の幅が広がったことだと思います。

プレイしてくださる方のことをイメージしながらゲームの方向性に沿ってステージを作成し、 ギミックやカメラワークでの遊び心などを取り入れられたことで、シンプルでやりごたえのあるものが出来たと思います。

テンションの上がるBGMと共にハイスコアを目指し自己ベストに挑んで下さい!多くの方に楽しんでいただければ幸いです!

開発メンバー

アミューズメントメディア総合学院

  • ディレクター:高岡 亨(たかおか とおる)
  • プランナー:濵田 秋成(はまだ しゅうせい)
  • プログラマ:長岡 修平(ながおか しゅうへい)
  • プログラマ:犬伏 聖(いぬぶし さとる)


最低システム要件

Windows対応OS:Windows7/8 64bit版
プロセッサ:クアッドコアIntelまたはAMD、2.5GHz以上のプロセッサ
メモリ:8GB RAM
ビデオカード:NVIDIA geForce GTX 470またはAMD Radeon 6870HDシリーズ、またはそれ以上のビデオカード

ロード中