CHARYBDIS

CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS
CHARYBDIS

HSPプログラムコンテスト2014大賞作品登場


このゲームは、自機を後方から見たタイプの3Dシューティングゲームです。

自機と2機の補助攻撃装置をコントロールし、

自由に切り替え可能な2タイプのショットで敵を倒して進みます。

そして、最大の特徴は自機の動き方にあります。

自機はパイプの内側に沿うような形で移動します。移動操作は左右のみ。

それだけで、ステージ内を自由に移動できます。

あとはひたすら敵の攻撃を避け、撃ち落としていくだけです。

ストーリー

「C-SYSTEM」。

それは、C 国が総力を挙げて完成させた、巨大コンピュータによって制御された、様々な工業製品を安く大量に生産するシステムだった。

しかし、突然 「C-SYSTEM」 は大量の無人兵器の製造を始めた。

それら無人兵器は 「C-SYSTEM」 によりコントロールされ、人間の介入を全く受け付けなかった。

「C-SYSTEM」 により生み出された兵器群の攻撃により、瞬く間に C 国の政府機能は停止、更に無人兵器群は、近隣諸国へも侵攻を開始した。

この事態に対処すべく、C 国に隣接する N 国が開発中の新型機による「C-SYSTEM」 破壊作戦が開始された。

ゲームシステム

自機は飛行ルートを中心に円を描くように移動します。

自機を基準に画面が回転するモードと、自機の方が画面の周りを回転するモードがあります。

回転

自機の両側にはサイドアームと呼ばれる、補助攻撃装置が付いています。

サイドアームは自機と同様に攻撃し、破壊されることはありません。

ただし、敵にぶつけてもダメージを与えることはできません。

回転

自機とサイドアームの間隔は自由に調節することができます。

回転 回転 回転

自機とサイドアームの間隔を最小位置まで移動すると、攻撃力の高いビームに切り替わります。

回転

敵の攻撃を受けたり地形と衝突すると、シールドが減ります。シールドがなくなった状態でさらにダメージを受けるとミスとなります。残機が無くなればゲームオーバーです。

回転

操作方法

ボタンの設定は、メインメニューの“OPTION”で変更できます。ジョイスティックは、ゲームを起動する前に接続しないと認識されません。起動後に接続した場合は、タイトル画面に戻ると認識されます。

プレイ中

機体移動 ←→ 機体移動(コントロールタイプ 4 のみ) ↑↓ ショット発射 A ボタン(初期設定 Z キー)  押している間サイドアーム移動 B ボタン(初期設定 X キー)  押している間サイドアーム移動(2 ボタン操作時) C ボタン(初期設定 C キー)  一時 停止 ポーズボタン(初期設定 スペースキー)  ゲームを中止してタイトルに戻る ESC キー 照準等の表示切替(OPTION の DISPLAY の設定と同じ) F1 キー

メニュー操作
項目移動 ↑↓ 項目選択 ←→ 決定 A ボタン 戻る B ボタン リプレイデータの削除(リプレイメニュー時) C ボタン
リプレイ時
押している間早送り A ボタン 各ステージの頭出し ←→ 一時停止 ポーズボタン タイトルに戻る ESC キー 

よくある質問

お使いの環境によっては、ゲーム開始時に「エラー 38」という表示が出て開始できない場合があります。

その場合以下のサイトより、“DirectX エンドユーザー ランタイム”をインストールして下さい。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35

クリエイターズボイス

このゲームは後方視点の3Dゲームにおける移動範囲の分かりにくさを解決したいというところから開発がスタートしました。

後方視点の3Dゲームで自機を上下左右に動かした際、移動範囲の端においてどこまで移動できるのか分かりにくいという問題があります。

2Dのゲームならば画面端まで移動すればそれ以上進めないことが感覚的に分かります。

しかし、3Dの場合斜め前方に空間が広がっていればまだ進めそうに思えてしまうことがあります。

それ以上進めないことを示すために、ステージを周囲が壁や崖に挟まれた空間に限定したり、

限界まで移動した場合矢印等を表示したり、といった方法がとられてきました。

他に何か良い解決方法は無いものだろうかと考えた結果、自機の移動を円運動にして移動できなくなる“端”をなくしてしまえば良い、と思いつきました。

結果的に、左右の移動だけで移動エリア全体をカバーすることができ、複雑な操作になりがちな3Dのゲームを、少ないキー操作で手軽に楽しめる方式になりました。

こうして完成したのがこの「CHARYBDIS」です。


最低システム要件

WindowsWindows XP 以降
DirectX9 以上がインストールされている事

ロード中